ロンドンのパルがホームステイしているお宅、

話を聞くと、イギリス人の彼女からすると、「ん???」と

不思議に思うことが多いらしい。

「でも、それは私がイギリス人だからで、日本人には当然なのかも。」と

彼女は言っていたけれど、

「・・・それ、おかしい。日本人として聞いても変。」ということが多い。

それは、私が彼女の友だち視点だからか?と夫に、

どう思うかと聞くと絶句していた。

やっぱり、変…らしい。

イギリスの彼女は大人なので、「それも経験のひとつ」と楽しめている、

いまのところは。

私が中国の家庭にホームステイしたとき、

「シャワーの時間は短めに」という注意を日本で聞いたので、

シャワーを早く終わらせた。

あまりにも早すぎたようで、ホストファミリーに驚かれたり、

「これ、いる?」と箱を見せられ、「クッキー?」と聞いたら笑われ

実はそれは生理用品だったり…。

私のホストシスターは年齢は一つ下、学年は同じの女の子で

同じ髪型をしたり、露店で似たワンピースを買って着たりと

仲良し姉妹のように過ごした。

相性がよかったようで、かれこれ15年以上経つけれど、

いまでも連絡を取り合う。

一方、妹はオーストラリアでホームステイしたけれど

その後、連絡を取り合うこともないようで、

ホームステイの話になると、「当たり外れが大きい」という話になる。

ロンドンのパルのホームステイ先はホームステイ慣れをよくも悪くもした

お宅、という印象を受けた。

彼女の話を聞いていると、中国のホームステイを懐かしく思い出した。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村